76個の英語の前置詞の使い方を完璧に身につける酵素トレーニング
76個の英語の前置詞の使い方を完璧に身につける酵素トレーニング
ホーム > 前立腺炎 > 慢性前立腺炎は不快な症状が長期間続くことも多い病気

慢性前立腺炎は不快な症状が長期間続くことも多い病気

慢性前立腺炎とは、30代から40代の若い男性に多い病気です。

慢性前立腺炎になると、下半身に様々な症状が現れます。

まず、排尿に異常がでてきます。

頻尿になったり、残尿感が残ったり、尿の勢いが弱くなったり、排尿痛や違和感を感じることがあります。

また、腹部にも症状がでてきます。

下腹部が痛くなったり、肛門の前付近に鈍痛が現れたり、違和感や不快感を感じることが多くなります。

その他にも、睾丸に鈍痛や不快感を感じたり、陰嚢に痒みを感じたりすることもあります。

また、特に太ももに違和感やしびれた感がでることもあり前立腺とは関係ないような部位にも

症状が現れることもあります。

慢性的に炎症が起こる病気なので、熱がでることもなく比較的症状も軽いことから

自分が慢性前立腺炎だと気が付かないこともあるようです。

慢性前立腺炎の治療には、抗生物質や漢方薬などを処方します。慢性前立腺炎の完治のために必要なこと | 前立腺炎完治.jp

しかし、症状が完全に取れなくて長期間の治療が必要になることも多いようです。

そのため「ドクターショッピング」に陥りやすい病気ですので、相性の良い話をよく聞いてくれる

主治医を探すことが肝心です。

治療が長期間になることもある病気ですが、ある程度症状が落ち着いてきたら慢性前立腺炎と向き合い症状と付き合っていくことも必要です。